AGA治療で蘇る髪の毛目覚める頭皮【黒歴史を簡単デリート】

成分を詳しく知る

注目!

AGA治療薬として使われている成分を細かくみることによって効果の高さを実感する事が可能となります。オリジナルブレンドとして活用されている成分の中でも効果的なものとしてプロペシア、フィナステリド、ミノキシジルがあります。世界的にも有名な成分であり、AGA治療に効果的な成分として至る所で使用されています。これらの成分にプラスして、髪の毛に必要とされているミネラルなどを配合する事で完璧な成分となります。

プロペシアは前立腺肥大効果があるとして用いられていました。元々は発毛用をして使われておらず、別の実験の被験者に発毛効果があったとして注目されました。アメリカで注目された後に、日本でも着目され、日本国内でも臨床実験が行なわれています。性欲減少効果があると言われていますが、テストステロンを減少させる薬とは別なので可能性は薄いと考えられています。効果を実感するまで6ヶ月程かかりますので、根気強く使用する事が必要になります。フィナステリドはAGA治療薬として世界各国で販売されています。男性ホルモンの一部である成分を他の成分に変換しないようにする事によって脱毛しないように働きかけてくれます。この成分が別の成分に変換されてしまうと、皮脂の過剰分泌などが起こってしまうので脱毛してしまいます。変換を阻止する事によって、健康的な頭皮環境も守ることとなるので、抜け毛が少なくなり、AGA治療として効果が発揮されます。AGA治療は完治するまでに時間がかかってしまうので、脱毛が進行しないようにする事が大切なのです。ミノキシジルも元々は高血圧予防薬として活用されていましたが、血管を広げる効果があるので、頭皮環境にも役立つとして使用されています。頭皮の血管が詰まる事によって、栄養素が行き届かなくなり、結果として髪の毛が育たなくなります。血管を広げる事で栄養素を運べる環境にし、発毛効果を誘発するのです。このように有効成分を集める事によって効果を高めます。専門医による見解から混ざって危険な作用なども発生しないように調整されていますので、AGA治療として高い効果があるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加