AGA治療で蘇る髪の毛目覚める頭皮【黒歴史を簡単デリート】

内服と外用ダブルの効果

医者

薄毛対策によいものに推奨されているのがプロペシアと言われる内服薬です。プロペシアは世界的にも薄毛治療として認知されており、日本にある多くのクリニックや医療施設でも処方されています。元々、薄毛になる原因は男性ホルモンに含まれているジヒドロテストステロンと頭部にある5αーリダクターゼが結合されてしまいAGAを招いてしまうのです。ジヒドロテストステロンという男性ホルモンは、今から新しく生えてくる発毛促進の邪魔をしてしまい頭部の地肌が目立つ結果となってしまいます。この発毛促進をとめてしまわないようプロペシアがジヒドロテストステロンの働きを抑えてくれる効果があるのです。プロペシアを服用することで脱毛がなくなり、発毛促進されAGA対策をすることができます。

プロペシアは内服薬になりますが、通常の薬とは違い1ヶ月服用するだけで効果を実感することはできません。そのため、3ヶ月以上継続的に服用することが薦められています。というのも、平均的に服用して3ヶ月くらいで徐々に改善していき、1年くらい経過した頃に効果が殆ど現れてくるためでもあります。プロペシアを使用している殆どの人は3年くらい継続的に服用して70パーセント改善されている結果も報告されています。このようにAGA治療は短期的に治療できるものではなく、髪の毛の成長に合わせて治療を行なっていくため長期間必要とします。また、プロペシアの内服薬と外用薬のミノキシジルを一緒に使うことで、内側と外側両方からAGA治療していくことで、より効果を期待することができます。ただし、これらには個人差があるため専門医に相談し自分にあった治療方法ですすめて行くことが大切です。まずは、専門医を探すことから始めるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加