AGA治療で蘇る髪の毛目覚める頭皮【黒歴史を簡単デリート】

AGAになる要因

GOOD!

男性にとって危惧すべき現象の一つであるAGAですが、どのようなメカニズムで発症するのかを知る事で対策が練りやすくなります。AGAの主な原因は遺伝や男性ホルモン、生活習慣などの要因が絡んで発症します。ハゲの遺伝は昔からあると言われていましたが確証がないものでした。近年の研究成果によってハゲの遺伝子が確認されており、遺伝によってAGAが起こっている可能性もありえます。ハゲになる方の特徴として、男性ホルモンの異変が可能性として高く、若いうちにからハゲている人の多くの原因と言われています。男性ホルモンも原因の一つです。先ほどの遺伝でも男性ホルモンが関わっていますが、ホルモンの影響によってAGAとなる可能性があります。AGAの症状が頭頂部と生え際から進行するのは、男性ホルモンの影響を受けやすい場所だからなのです。毛が男性ホルモンの影響で弱くなる事で抜毛となります。脱毛した部分にはDHTと呼ばれる細胞が多く残っており、この成分によってヘアサイクルが乱れるのです。ヘアサイクルの乱れは、髪の毛が完璧に育ちきっていない状態で抜けるので、髪の一本一本も弱くなります。これが原因となり薄毛となります。AGA治療として男性ホルモンを調整するのが有効的な手段となります。

AGAの原因の中でもAGA治療が行いやすいのがストレスです。ストレスを感じる事で、頭皮環境が悪くなり、結果として薄毛になります。ストレスによって血行が悪くなる、睡眠不足になるなどの要因が絡んできますので、髪の毛が成長し辛い環境となります。血行不良は栄養素や酸素が髪の毛に回らなくなるので成長をストップさせますし、睡眠不足もホルモンなどに影響を与えるので発育が悪くなります。自律神経が悪化する事によって様々な生涯を引き起こします。現代人としてストレスを感じる事は当たり前ですが、AGA治療として効果的なので、ストレスフリーな生活を心がけましょう。他のAGA治療は時間がかかるものも多いので、ストレスを軽減する事の方が一番早く、対策方法も見つけやすいです。心身共に癒やされる事で効果がありますので、自分にあった方法で改善していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加